最近の投稿

More

なぜ進化すると安全が確保されるのか?

なぜ進化すると安全が確保されるのか?


なぜ進化すると安全が確保されるのか?



クジラやイルカが海岸に乗り上げて死んだ、というニュースを聞いたことがありますでしょうか?

下記の参考記事には、動物たちの異常行動と自然災害の関係性について詳細の研究データが書かれています。
 


海に住む動物たちは「磁場」だけを頼りに海のなかを泳いでいます。

そのため、太陽のフレアや地震などによって海中の磁場が乱れると、動物たちのセンサーが狂ってしまうため、まるで方位磁石が狂うかのごとく、海と陸地との区別がつかなくなってしまうのです。

センサーの混乱によって一度でも岸に乗り上げてしまうと、彼らには足がありませんので海に戻れなくなり、そのまま死んでしまうのです。

現在、ご存知のように自然災害が多発しています。

クジラやイルカだけでなく、地震波の影響で、モグラなども大量死しています。

実は、このような現象は、動物たちだけに起こっているわけではありません。

私たち人間も「生体電気」と呼ばれるように電気を帯びている生命体ですから、磁気や磁場が狂うことによって、鬱病が増加したり自殺願望、心臓発作など様々な症状に苦しむことになっていることは、意外と知られていません。

このように、生物を襲うさまざまな苦しみは、「地磁気の変化」によって生じているのです。

では、このような現象に対処するにはどのようにしたら良いのでしょうか?

その根本的な解決策として、私たち自身の「電磁場(=波動)」を上げる必要があります。

・意識波動(=精神的波動)
・身体波動(=物理的波動)

これら両方です。

(※電磁場(波動)を高めるための具体的方法については、当サイトの各ページをご覧ください。)

「私たち自身の電磁場」が、地磁気よりも(波動的に)高ければ、私たちは自然災害からの被害を受けることはなくなります。

例えば、「目覚めた人々」や「覚醒した人々」、つまり「進化成長した人々」の場合には、自分自身を包み込むエネルギー波動が非常に高い振動数で回転しているため、「低い波動(=低い振動数)」である災害やトラブルとは引き寄せが起こらなくなるのです。

そのため、一見するとまるで「奇跡」が起こったかのように錯覚しますが、実は、この現象はれっきとした科学的な現象なのです。

ですから、私たちの電磁場が高まると、地磁気がどのような状況であっても悪影響を受けなくなります。

それゆえ、自然災害が多発している現代に生きる私たちは、誰もが完全に「目覚める(=アウェイクニングする)」ことが絶対的に必要なのです。

高い進化状態にある聖者やマスターたちは、自分達の電磁場を使用することで、生徒たちの電磁場を高めることができます。

それによって、伝授を受けた人々の準備が整い、地磁気からの低次の影響を受けることはなくなるのです。

自らの電磁場が非常に高まると、どんな津波や地震も害することはなくなります。

例えば、津波の波によって、安全な場所に運ばれるような奇跡も起こります。

このようなことは、実際に起きています。

高い進化レベルにあった人の住む街が津波に襲われた時、彼の近くにいた人々は逃げることができず波に巻き込まれてしまったのに対し、その人は高い電磁場を維持していたがゆえに助かりました。

このように、自らの電磁場を高めて進化プロセスを歩んでいる者にとっては、常に安全が確保されるのです。

しかし、こうした事実を知らない多くの人々の場合は、どうなるでしょうか?

例えば、都市部では、100家族のうち2家族だけが助かり、残り98家族は被害を受けるとしたら、皆さんはどう感じるでしょうか?

こうした知識を知ったにも関わらず、何もしないで見て見ぬふりをしているとしたら、それでも私たちは人間と言えるでしょうか?

このような事実を多くの人々に伝えて、安全を確保できる手段を分かち合うことは、これ以上ないほどの大きな貢献となります。

知識を知っているだけで、なにも行動に起こさない、実践しない者は、進化成長できません。

一方で、人からどう思われるかに左右されず、「大局観」から人々の幸福のために勇気をもって行動できる人々は、高次の進化プロセスを歩むことができる勇敢な人たちなのです。



FACEBOOK用コメント欄

最近の投稿

次のページへ

最近の記事

次のページへ
Return Top