最近の投稿

More

外側の旅シリーズ:世界一のスキー場カナダ・ウィスラー

外側の旅シリーズ:世界一のスキー場カナダ・ウィスラー

By RETRIP

 
今日は、外側の旅シリーズを
お届けいたします。

本州地域では梅雨が明け、
本格的な夏が到来しているようですが、
 
 
そんな夏の暑さが和らぐような、
涼し気な場所。
 
 
私が大好きなところ、
カナダ・ウィスラーです。
 
1
By RETRIP

 
ここは、私の第二の故郷とも言うべき
心のふるさとであり、

過去生でインディアンとして生きていた
場所です。
 
 
実際に行ってみて、
それがすぐにわかりました。
 
 
「ここには昔、住んでいたことがある!」

という、理屈を超えた確信があったのです。
 
 
もう、あまりの懐かしさに、
日本には帰りたくないほどでした。。。
 
5
By RETRIP

6
By RETRIP

ここは、完全にスキーリゾートのためだけに
作られた「1つの街(スキータウン)」となっており、
その魅力にみせられて世界中から大勢の旅行客が訪れています。
 

私自身もスキー教師をしていましたので、
世界一と評されているカナダ・ウィスラー
には強い憧れがありました。

 
そして、なぜか不思議と、
北海道にすごく良く似ているのです。
何から何までが・・・
 
 
それについては、
のちに知ることになりましたが、
実は、すでにご存知の方々もいると思いますが、
 
 
北海道は「北米大陸の縮図」なのです。
 

8
By NEVERまとめ

 
古来より「日本列島は世界の雛形(ひながた)」と言われており、
下記のような対応になっているとされています。

北海道=北米大陸
 
本州=ユーラシア大陸
 
中国地方=ヨーロッパ
 
瀬戸内海=地中海
 
四国=オーストトラリア大陸
 
九州=アフリカ大陸

淡路島=南米大陸
 
房総半島=朝鮮半島
 
紀伊半島=アラビア半島
 
能登半島= スカンジナビア半島
 
佐渡島=ノバヤゼムリャ
 
※沖縄県については、「日本列島そのものの縮図」だという見方があるようです。

イザナギ・イザナミによる国生みは、日本列島を生んだだけではなく、日本列島をモデルとして世界の大陸の島々を生んだという。日本列島を「大八州=内八州」といい、外国の島々は「外八州」という。

 
こうした地球規模での背景ゆえに、
前回の投稿にも書いたように、
日本人の集合意識は、世界の国々の集合意識
に大きく影響を与えているわけです。
 
 
それだけ、日本人の意識進化は重要なテーマ
なのです。
 
 
次回から、
その根拠となる詳細部分について、
さらに深掘りしていきたいと思います。
 
 
かなりディープな内容になるため、
複数回に渡ってお届けしていく予定です。
 
 
それでは、
今日も1日元気にお過ごしください☆
 
7
By RETRIP



 




プロフィール

ヴィシュヌ・ワークス代表matsuya
五次元アカデミー主宰/人財教育・能力開発トレーナー/インドヨガ&瞑想教師(ワンネス・ユニバーシティ認定トレーナー)/経営コンサルティング/コーチング/セミナー講師/ビジネス・プロデューサー
【会社所在地:〒060-0062 札幌市中央区南2条西7丁目1-5 2・7ビル2F】

コメントはこちらへ

*
* (公開されません)
*

FACEBOOK用コメント欄

最近の投稿

次のページへ

最近の記事

次のページへ
Return Top