最近の投稿

More

五次元シリーズ:「膜宇宙」とはなにか?

五次元シリーズ:「膜宇宙」とはなにか?



昨日までは、
不死身の神人ババジ大師についての
エピソードをご紹介してきました。
 
今日は、
五次元についての投稿をしてみたい
と思います。
 
五次元については、
ハーバード大学の理論物理学者教授
であるリサ・ランドール博士が有名ですね。
 
彼女の専門は、
素粒子物理学・宇宙論であり、
 
現在、最もノーベル賞に近いと
まで言われている凄腕の科学者です。
 
 
その彼女は、5次元世界の説明を
「膜宇宙の理論」でわかりやすく説明
しています。
 
・0次元は「点」
・1次元は「線」
・2次元は「面」
・3次元が「立体」
・4次元が「立体+時間」
 
こうした3次元あるいは4次元の世界が、
 
カーテンの膜のようになっており、
その膜のような次元世界が何枚も平行に
連続してつづいている、とされています。
 
それが、膜宇宙と呼ばれていて、別名では
平行宇宙(パラレルワールド)などと認識
されています。
 
膜宇宙

また、低い次元からは高い次元を認識する
ことはできない、と言われていて、
  
これは、釈迦が悟りをひらいた当初、
世俗の人々が空を認識することは無理
なのではないかと思ったこととも一致します。
 
つまり、
3次元や4次元世界にどっぷり浸かっている
人々が、5次元世界を認識することは困難
である、ということを釈迦は言いたかった
のだと思います。
 
(※五次元世界は仏教で言われる「空(ku)」
の世界とも一致するとされています。)
 

しかし、
時代が変わり、空(ku)や五次元を体験したり、
体得する人々が徐々に現れてきました。
 
 
こうした「五次元」世界をわかりやすく表現
するとしたら、どのようになるでしょうか。
 
 
そのヒントが、
映画の中に見て取れます。
 

最近の映画は、素晴らしく進化を遂げており、
空(ku)や五次元世界をわかりやすく映像化
してくれています。
 
 
見られた人々も多いと思いますが、

★脳が100%覚醒する「ルーシー」
★五次元世界を映像化した「インターステラ」

 
この2つの映画は、
一般的な人間の認識を超えた「高次元の世界」
を描写することにチャレンジしています。
 
ルーシー3

ルーシー2

インターステラ2

インターステラ1

 
実は、
この「膜宇宙」や「五次元世界」を日常生活の
中で体験している知人がいます。
 

私の主宰するコースをすべて修了した元生徒さん
と久しぶりに話す機会があったのですが、
その方は現在、看護師をしています。
 
彼女は、最近になって身体の変化が
著しくなってきており、とても不思議な現象
が起こってきている、と話してくれました。
 
それはどのようなことかと言うと、
 
病院で働く同僚や患者さんたちと接する
ときに、
 
「自分と相手との間(スペース)に、
エネルギー的な膜のようなものを感じる」
 
と私に話してくれました。
 
それはまるで、なにかの「境界線」のような
ものであり、
 
同時にまた、(エネルギー的な)線のような
ものまで見えるようになった、と・・・
 
 
この境界線は、
病院という環境上、患者さんたちが低次の波動
を放っているということは、皆さんもお分かり
かと思いますが、
 
この低次の(次元)エネルギーが、膜がある
おかげで通過されないようになっている、
ということでした。
 
それによって、
否定的なエネルギーを無闇に受けずに済んで
いるため、本当に楽に仕事ができるように
なった、ということなのです。
 
昔だったら、
患者さんの苦しむエネルギーをダイレクトに
受けて、巻き込まれてしまっていたそうですが、
 
現在は、その膜があるおかげで、
「異なった立ち位置」から、日常の看護業務を
行うことができている、ということでした。
 
この「異なった立ち位置」というのが、
次元間を隔てる膜宇宙のようなものであり、
低い次元からは、高い次元へと干渉することが
できない、という宇宙法則とも一致しています。
 
 
また、ヨガで言われるところの
「スシュムナー管」(=脊柱を上下に通過してい
るエネルギー管)の通りが非常にスムーズになっ
てきており、
 
クンダリーニ・エネルギー(生命の根源的エネ
ルギー)の流れがかなり活性化されているようだ、
とも話してくれました。
 
 
彼女の状態は、まさしく、映画ルーシーや
インターステラに描かれている状態と非常に
酷似していると、すぐに私に直感が来ました。
 
私自身にも、
3次元や4次元を超えた経験があったため、
そのような現象が実際に起こりうるということ
が、直感的に理解できました。
 
 
彼女は、誰よりも熱心に進化プロセスを歩ん
でいるという、特筆すべき点はあるにしろ、
 
 
普通の病院で働いている一般人であっても
このような「五次元世界」を体験・体得・体現
することは可能なのだという好例ですよね。
 
 
このように、
今の時代は、世俗に生きる普通人にも、
五次元世界にシフトする門戸が開かれていると
確信が深まった出来事でした。
 
 
きっと、連日連夜、
私がこのようなテーマで記事を投稿しつづけ
ていることで、引き寄せが起こったものと
思われます^^
 
 
それでは、今日も1日素敵な1日をお過ごし
ください☆ 
 
 
【画像引用元】
 
■映画インターステラについて
http://matome.naver.jp/odai/2141653110473016001?&page=2
 
■リサ・ランドール博士の5次元とは
http://kamakura.ryoma.co.jp/aoki/paradigm/Lisa.htm
 
■11次元の膜宇宙について
http://blogs.yahoo.co.jp/yatsurugi319/47181799.html




プロフィール

ヴィシュヌ・ワークス代表matsuya
五次元アカデミー主宰/人財教育・能力開発トレーナー/インドヨガ&瞑想教師(ワンネス・ユニバーシティ認定トレーナー)/経営コンサルティング/コーチング/セミナー講師/ビジネス・プロデューサー
【会社所在地:〒060-0062 札幌市中央区南2条西7丁目1-5 2・7ビル2F】

コメントはこちらへ

*
* (公開されません)
*

FACEBOOK用コメント欄

最近の投稿

次のページへ

最近の記事

次のページへ
Return Top